リセマム6周年

ワコム、教育機関向けペンタブレットに新モデル……実践的な授業を実現

教育ICT パソコン

Bamboo School
  • Bamboo School
 ワコムは、教育機関向けペンタブレット「Bamboo School(バンブースクール)」の新モデル「CTL-460/K2」を、9月14日に発売した。入力エリアはA6ワイドサイズ、色はブラックのみで、市場想定価格は9,800円。

 この製品は、小中学校から高校、大学までがPC操作を快適に行えるペンタブレットと、児童・生徒がペンタブレットを活用した授業を行うのに適したアプリケーションを付属したパッケージで、付属ソフトやその他の教育用ソフトなどと一緒に利用することで、漢字の書き取り練習などの文字入力、図画工作や美術、成果・研究発表資料用のイラスト作成や編集作業が行えるという。

 授業支援システムをインストールしたPCと大型ディスプレイを接続し、教室内で表示させることで、児童・生徒が教材に書き込みを行ったり、成果発表用の資料に、その場で教員が補足説明を行うことも可能。同社ではこの製品の利用により、「より参加意欲を高めた実践的な授業を行うことができる」としている。

 ソフトや授業支援システムと組み合わせた場合の想定する用途としては、「お絵描き、ポスター・新聞などの作成」「ひらがな、カタカナ、漢字の筆順練習」「英単語や算数計算の反復学習」「Windows Vista/7、Office 2007/2010のペン入力機能を利用した学習」が挙げられている。

 サイズは、幅248.2×高さ176.1×厚さ8.5ミリで質量は約360グラム(USB接続ケーブル含む)、Adobe Photoshop Elements 8.0(Win/Mac)、Corel Painter Essentials 4(Win/Mac)、Photo Creator for Wacom(Win)、水彩LITE(Win)のソフトが付属する。

※ この記事は、RBB TODAYにて9月14日に配信された記事を転載したものです。
《RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)