リセマム6周年

【教育ITソリューションEXPO(Vol.2)】キータッチによる本人確認でeラーニングのなりすましを発見

教育ICT インターネット

キータッチで本人確認
  • キータッチで本人確認
  • キーストローク認証システム「キータッチパス」
 「第1回 教育ITソリューションEXPO」(7月8日~10日、東京ビッグサイト)でNTTコミュニケーションズは、eラーニング受講中のキーボード入力で本人確認を実現するキーストローク認証システム「キータッチパス」を参考出展している。

 「キータッチパス」は、パソコンのキーボード入力時の利用者の癖や特徴を、本人確認に利用するサービスで、eラーニング受講時の、利用者のなりすましや、すり替わりを抑止・発見する。

 特別な機器は不要でWindows XP/Vista/7が登載されたPCで利用できるため安価での導入が可能、既存のeラーニングシステムに手を加えずに利用可能、受講者は特に意識せずにeラーニングを受講できる、といった特長があるという。

 具体的には、300桁(全角150文字)ごとに認証を行い、本人性確認結果(認証レポート)を発行する。あやしいデータが確認された際にも、自動的に受講を中止させるのではなく、レポートを元に、講師等が判定するといった運用を想定しているという。

 NTTコミュニケーションズ 金融イノベーションシステム部 ITデザイン&マネジメント部門の大塚謙氏によると、同システムの利用で、なりすましの発見には、ほぼ対応可能という。同社では2010年度中の商用化を目指し、6月より北里大学にて情報科学のeラーニングで実証実験を行っており、8月からは明治大学で図書館司書講習メディア授業(eラーニング)でも実験を行う予定だ。半期・1科目で2,000~3,000円/ユーザー程度の利用料を予定しているという。

《田村麻里子》

※ この記事は、RBB TODAYにて7月9日に配信された記事を転載したものです。
《RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)