リセマム6周年

バンダイナムコゲームス、2011年度小学校向け教科書の制作に協力 ~ エンタメ企業のノウハウ注入

教育ICT 学校・塾・予備校

「理科ツリーハウス」の一部
  • 「理科ツリーハウス」の一部
  • バンダイナムコゲームスのコンテンツが掲載されている教科書(左から「国語」「理科」「算数」)
  • 学年が上がるごとにキャラクター達も成長
  • 巻末の算数アドベンチャー
 バンダイナムコゲームスは5月24日、学校図書と共同で、小学校向け教科書の巻頭・巻末などの主要部分や特定の単元を制作したと発表した。エンターテインメント企業が教科書制作に携わるのは初めての試みとなる。

 共同制作した教科書は、国語12冊、算数11冊、別冊1冊、理科4冊の計28冊で2011年度(平成23年度)より使用される。今回の共同制作は、バンダイナムコゲームスが独自のコンテンツを用いて2006年から小学校向けに行っている、エンターテインメント性の高い課外授業活動のなかで生まれたとのこと。“授業時間外でも開きたくなるような教科書を作りたい”というバンダイナムコ、“従来の教科書の殻を破った、子ども達に新鮮味を与える新たな教科書を作りたい”という学校図書の方向性が一致。バンダイナムコゲームスがコンテンツの企画・制作を、学校図書が指導・監修を担当した。今回制作された3教科には、バンダイナムコゲームスが長年のゲーム制作・コンテンツ制作の歴史のなかで培ってきたさまざまなノウハウが投入されたという。

 「理科」では、子ども達が主体的に学んでいくために3つの「道しるべ」が盛り込まれている。1つ目は、学習のなかで子どもに考える方向付けをする「博士」、2つ目は1つ1つの単元のマークである「ペンギン」。そして3つ目が、学年および小学校の「理科」全体を見渡すことのできる「理科ツリーハウス」だ。3年生から学習が始まる「理科」では、大きく分けて「エネルギー」「物質」「生命」「地球」の4つの領域を学ぶが、従来の「理科」の教科書では、当該学年の内容しか示されておらず、これまで何を学んできて、これから何を学んでいくかという学習のつながりが示されていなかった。そこで、各学年の教科書の冒頭に、4年間の学びがどのようにつながっていくのがひと目で分かり、子ども達が未来の勉強にワクワクし、今学んでいることに好奇心を抱いてもらえるよう、学習の見通しができる「理科ツリーハウス」を登場。4年間の学習のつながりがひと目で分かるようになっている。

 「算数」では、1年生から6年生の教科書を、“つながりを持った1つの世界”ととらえ、1年生の巻頭にある導入ページの立体イラストの他、全学年を通して登場する、個性豊かな5人のメーンキャラクターがデザインされている。子ども達といっしょにキャラクター達も学び、学年が上がるにつれその容姿も大人っぽく成長していく。この他、日時計や日本の林業など、「理科」や「社会」といった他教科と連携した内容を取り入れた「算数アドベンチャー」を巻末に企画・制作。問題を解くことで、鍵の破片を手に入れて宝箱の鍵を完成させる、といったエンターテインメント性を盛り込むことにより、子ども達が進んで学習したくなるような仕掛けが施されている。

 「国語」では、1年生から6年生までの上・下巻に収録されている学習内容「漢字の部屋」の企画とイラストを制作。イラストは絵本開発と情操教育に携わったスタッフが担当し、ゲーム会社ならではのエンターテインメント性豊かな表現を重視。子ども達が教科書の世界に引き込まれ、漢字の意味や構造を強く印象に残して学習するための工夫が盛り込まれている。また、一枚一枚の絵には、ひと目見ただけで子ども達の会話が多く生まれるような物語と遊び心を込め、大人が見ても心が温かくなるものに仕上げたとのこと。

《池本淳》

※ この記事は、RBB TODAYにて5月24日に配信された記事を転載したものです。
《RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)