リセマム6周年

【ジャガー XJ 試乗】ジャガーファン“以外”にこそ薦めたい…青山尚暉

生活・健康 交通・クルマ

ジャガー XJ
  • ジャガー XJ
  • ジャガー XJ
  • ジャガー XJ
  • ジャガー XJ
  • ジャガー XJ
  • ジャガー XJ
過去との決別、そう感じさせるルックスを持つ新世代ジャガー『XJ』はしかし、紛れもなくジャガーだった。

たしかに『XF』を思わせる顔つきや伝統の丸目4灯を廃したエクステリアの印象から「XJらしからぬ」と感じる人は少なくないだろう。が、一流ホテルのドアマンの背筋をピンと伸ばさせるようなオーラ、佇まい、メルセデスともBMWともアウディとも違う英国高級車ならではの存在感はむしろ上回った印象だ。

ドアを閉めるとそこは紛れもない、俗世界と遮断されたジャガーワールド。ラウンドしたインパネ回りを含むインテリアの質感はジャガー史上最上、本木目のパネルの面積もまたXJ史上最大だという。

バーチャルなメーターはインパネ中央に鎮座するリアルなアナログ時計と見比べると明らかに子供っぽいものの、その機能を知ればまぁ納得。ただ、本国では表示されるナビ画面がないのはちょっと残念。そもそもナビ画面をそこに表示するためのバーチャルメーターでもあるからだ。

走りはかつての繊細かつおおらかでありながらスポーティというXJの伝統の味わいとは別物。乗り心地は洗練された硬質感あるもので、あの”ゆったり感”は今は昔。一方、直進性は素晴らしく、高速道路ではまさしく矢のように突き進む。6ATと組み合わされる5リットルV8エンジンはレスポンスに優れ、全長5m越え、全幅1.9m、車重1850kg(軽いぞ)のボディサイズをまったく感じさせない、XJとしてかつてない軽快感あるドライブフィール、フットワークを堪能させてくれるのだ。だから意外なほどに扱いやすい。

それでいて傍若無人な運転をさせない、心なごませる運転感覚、居心地の良さをしっかりと継承しているのだから、なるほど、ジャガーなのである。ジャガーファンにはもちろんだけど、それ以外の高級車に乗っている人にこそ薦めたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

青山尚暉|モータージャーナリスト
自動車雑誌編集者を経て、フリーのモータージャーナリストに。自動車専門誌をはじめ、一般誌、ウェブサイト等に執筆。第37回東京モーターショーで「MSN東京モーターショー公認ウェブサイト」を手掛ける。ペット、ドライブ、海外旅行関連のウェブサイトのプロデュースなども行っている。
《青山尚暉@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)