リセマム6周年

小学校教諭、児童5人をはねる

生活・健康 交通・クルマ

交通事故 イメージ
  • 交通事故 イメージ
20日午前7時50分ごろ、栃木県宇都宮市内の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱。集団登校していた小学生児童を次々にはねる事故が起きた。この事故で児童5人が重軽傷。警察はクルマを運転していた56歳の小学校教諭の男を逮捕している。

栃木県警・宇都宮南署によると、集団登校していた児童は小学校の正門から約50m手前を歩いていた際、正面から進行してきた乗用車にはねられた。クルマは児童をはねた後に道路左側の路外に逸脱している。

この事故でクルマの直撃を受けた小学5年生(10歳)の女児と、4年生(10歳)の男児、2年生(8歳)の男児が骨折の重傷。避けようとして転倒した4年生(10歳)と5年生(10歳)の女児が打撲などの軽傷を負った。

警察はクルマを運転していた同市内に在住する56歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕したが、男は負傷した児童が通う小学校の教諭だった。

現場は宇都宮市下栗町付近で、幅員約4.5mの直線区間。調べに対して男は「クルマを修理に出そうとしていた。修理工場が開いているかどうか考え、ボーッとしていた」などと供述しているようだ。
《石田真一@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)