リセマム6周年

東芝、実売9万円前後の32V型液晶「LEDレグザ」スタンダードモデル

デジタル生活 その他

LEDレグザ、東芝 32AE1正面
  • LEDレグザ、東芝 32AE1正面
  • 斜め 斜め
  • 「おまかせドンピシャ高画質2」のイメージ 「おまかせドンピシャ高画質2」のイメージ
 東芝は25日、液晶テレビ「レグザ(REGZA)」の新製品として、LEDバックライト採用のコンパクトモデルとなる「AE1シリーズ」の32V型「32AE1」を発表。11月上旬から発売する。価格はオープンで、予想実売価格は90,000円前後。

 同シリーズは、レグザのスタンダードモデルでバックライトに冷陰極蛍光管(CCFL)を採用した「A1シリーズ」のLEDバックライトモデル。A1シリーズの32V型「32A1」との比較で、LEDバックライトの採用によりコントラスト比が1,100:1から1,200:1、ダイナミックコントラスト比が20,000:1から2,000,000:1に向上。年間消費電力量は83kWh/年から70kWh/年へ省電力性能を高めた。

 そのほかの特長は同様で、シングルの地上・BS・110度CSデジタルテレビチューナーとアナログテレビチューナーを搭載し、液晶解像度は1,366×768ピクセル。画像処理エンジン「レグザエンジン」を搭載するほか、解像度が1,920×1,080ピクセル(フルHD)に満たない地上デジタル放送やBlu-ray/DVDディスクの映像を「再構成型」の超解像技術を使ってより美しく再現する「超解像技術採用-レゾリューションプラス4-」を装備する。

 また、部屋の照度や照明の種類といった視聴環境に適した画質に調整する「おまかせドンピシャ高画質2」や、家庭用ゲーム機に対応した映像表現とする「ゲームダイレクト2」を備えるほか、「レグザリンク」に対応する。スピーカーは10W×2を搭載。

 HDMI×2/D5映像/S2/光デジタル音声/LAN/ヘッドホンなど。本体サイズは幅78.9×高さ57.7×奥行き24cm、重さは11.5kg(卓上スタンド含む)。付属品はリモコン/転倒防止用クリップなど。
《加藤@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)