リセマム6周年

ビクター、3D対応のホームシアタープロジェクター2機種

デジタル生活 その他

DLA‐X7 DLA‐X7
  • DLA‐X7 DLA‐X7
  • DLA‐X7(背面) DLA‐X7(背面)
  • DLA‐X3‐W DLA‐X3‐W
  • DLA‐X3‐B DLA‐X3‐B
 日本ビクター(ビクター・JVC)は25日、3D対応のD-ILAホームシアタープロジェクターXシリーズの新製品「DLA‐X7」と「DLA‐X3」の2機種を発表した。予想実売価格は、DLA‐X7が840,000円前後、DLA‐X3が490,000円前後。両製品とも12月上旬発売予定。

 両製品は、3D映像を視聴するための「3Dアクティブシャッターメガネ」と、3Dシンクロエミッターを利用することで、3次元の立体的な映像を楽しめるホームシアタープロジェクター。高効率の水銀ランプを採用した新光学エンジンを搭載し、輝度1,300ルーメンの明るさを実現した。

 DLA‐X7はネイティブコントラスト70,000:1の上位モデル。R(赤)/ G(緑)/ B(青)/ C(シアン)/ M(マゼンタ)/ Y(イエロー)の6色に加えてOg(オレンジ)の7色で、各色ごとに独立して「色相」「彩度」「明度」の調整できるカラーマネジメント機能を搭載した。

 ほかにも、暗部と明部を独立させて調整出来る「暗部・明部補正機能」や、色再現性を高めるビクターの独自技術である「Real Color Imaging Technology」も搭載するなど多彩な画質調整が可能となっている。

 DLA‐X3は、ネイティブコントラスト比50,000:1を実現。新たに黒挿入技術と映像フレーム補間技術である「新クリア・モーション・ドライブ」を搭載して、動画再現性能を高めている。

 そのほか、2製品共通の仕様として、レンズシフト幅は上下80%/左右34%、投影サイズは60型~200型、インターフェースはHDMI(ver.1.4)×2/コンポーネント/ミニジャック×1/ミニDIN 3ピン×1/D-sub 9ピンなど。DLA-X7では、ミニD-sub15ピン/LANの利用も可能となっている。

 本体サイズは共通で幅455×高さ179×奥行き472mm。重さはDLA-X7が15.1kg、DLA-X3が14.7kg。本体カラーはDLA-X7がブラックのみで、DLA-X3はブラック/ホワイトの2色。
《H14@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)