リセマム6周年

受験対策にも対応、iPadでも受講可能な月3,000円の中学生向けネット映像授業

教育ICT インターネット

eCamp
  • eCamp
 ISSは10月25日、中学生向けのインターネット映像学習サイト「eCamp」の本格稼動を開始した。

 eCampは、独自に制作した映像授業(動画)を配信し、自宅で授業を受けるビデオオンデマンドシステム。中学1年〜3年の、英語、数学、国語を中心にした約70講座、1,400以上のコンテンツを用意している。1コマ50分の授業映像のほとんどが、月額3,000円の料金で視聴可能だという。iPhone、iPadからの利用にも対応した。

 中学生の日常的な学習に即した「ベーシックパック」、高校受験対策に役立つ「スペシャルクラス」を用意。授業に必要な教材も、個別購入のほか、ホームページ上からPDFをダウンロードして使う方式も導入している。

 サービスの原点は「教育に関するハンディキャップをなくす」こと。同社では、受験シーズンに向けコンテンツを充実させ、年間5万人の会員獲得を目指すという。来年度には高校生向けのサイト開設も予定している。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)