リセマム6周年

読書週間スタート、福沢諭吉「独立のすすめ」中高生感想文コンクール

教育・受験 学習

ロゼッタストーン
  • ロゼッタストーン
 ロゼッタストーンは10月27日、「福沢諭吉『独立のすすめ』感想文コンクール」受付けを開始した。同社刊行の「独立のすすめ」は、福沢諭吉の「学問のすすめ」の中の重要なものを取り上げ、現代の中高生向けに現代語訳し再編集したもの。

 「格差社会」といわれる今の日本で育っている子どもたちは、「自由」や「平等」をどんなふうにとらえているのか。就職難の時代に「就職」「学問」についてどんな考えを持っているのか。いまの「国家」にどんな目を向けているのか。諭吉の考えを叩き台にして、中高生自身に自分の頭で考え、自分の言葉で意見を発信してほしいというのが本コンクールのねらいだという。

 作品の応募締め切りは、2011年1月15日(当日必着)。作家の猪瀬直樹氏、哲学者の芦田宏直氏らの審査員による選考を経て、2月28日に受賞作品が発表となる予定。

 詳しい募集要項は、同社のホームページまで。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)