リセマム6周年

進化を止めない プリウス 、HVの壁を突き崩すフィットHV

生活・健康 交通・クルマ

フィットHV と プリウス フィットHV と プリウス
  • フィットHV と プリウス フィットHV と プリウス
  • フィットHV と プリウス フィットHV と プリウス
  • フィットHV と プリウス ホンダ フィットハイブリッド
  • フィットHV と プリウス ホンダ フィットハイブリッド
  • フィットHV と プリウス トヨタ プリウス
  • フィットHV と プリウス トヨタ プリウス
“世界初”の量産ハイブリッドカー(HV)として登場し、幅広いユーザーに向けて発進されるトヨタ『プリウス』。かたや「みんなにHVを」と、低価格路線に走るホンダ『フィット』。ハイブリッドもついに、選べる時代になってきた。時の流れの速さにうろたえている場合じゃないんだけれど。

プリウスのよさは、なんといってもHVを実感できるところ。EVモードにしてモーターだけで静か~に走れたり、リバースに入れてもエンジンが止まったままだったりと、夜遊び主婦がこっそり帰ってくるときは、便利なことこのうえない。

かたやフィット。HVと言いつつも、いつモーターががんばっているんだか、いまひとつ実感できない物足りなさはあるけれど、それでもノーマル・フィットに比べて、車内スペースをほとんどロスすることなくバッテリーやモーターを組み込んじゃうあたりはすごい。

たしかに、このクラスのクルマを、わざわざHVにして重くしてどうするのよ? って気がしないでもないけれど、なによりフィットは159万円からという価格が魅力。ちょっと(?)上乗せすればHVオーナーになれるのは、かなり嬉しいかも。というか、まだ子どもが小さいパパママがこのクルマに乗ると、子供は最初に乗ったクルマがすでにHVということで、モーター違和感なしの世代がぐんぐん量産されるというのは、脅威の世界に近いものがある。

世界初のHVとして登場し、進化を続けるプリウス。とにかくHVの壁をなくそうとするフィット。システムも、価格も、クラスも違うから、この2台のあいだで購入を迷う人はレアだろうけれど、それぞれの存在意義は大きいと思う。

進化を止めない プリウス 、HVの壁を突き崩す フィットHV …岩貞るみこ

《岩貞るみこ@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)