リセマム6周年

NTTドコモ、冬春モデルを一挙28機種!3D液晶搭載スマホや渋谷109とのコラボモデル

デジタル生活 モバイル

LYNX 3Dを紹介する山田社長 LYNX 3Dを紹介する山田社長
  • LYNX 3Dを紹介する山田社長 LYNX 3Dを紹介する山田社長
  • Android端末にEvernoteをプリインストール Android端末にEvernoteをプリインストール
  • まるでカメラなL-03C まるでカメラなL-03C
  • 携帯電話では109ブランドとのコラボも 携帯電話では109ブランドとのコラボも
 NTTドコモは8日、冬春モデルのラインナップとしてスマートフォン4機種とフィーチャーフォン(従来の携帯電話)18機種、LTEサービス「Xi」対応端末2機種、ブックリーダーなど4機種を発表した。

 「GALAXY S」発売イベント時に予告していた通り、おサイフケータイ、ワンセグ機能搭載、防水機能搭載端末などがスマートフォンにお目見えした。おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など搭載のスマートフォンは3.8インチモバイル3D液晶搭載の「LYNX 3D」とモバイルレグザエンジン3.0搭載の「REGZA Phone」の2機種。ほかに初心者用のスマートフォンとしてスライド式QWERTYキーを採用した「Optimus chat」、Blackberryシリーズの製品として「BlackBerry Curve 9300」が登場した。

 フィーチャーフォンでは、5機種7ブランドとコラボモデルもアピールされた。なかでも中高生をターゲットとしたものとして、渋谷109のブランドCECIL MacBEE.、Pinky Girls、COCOLULUモデルが目を引いた。また、PRO seriesの「L-03C」などは、あたかもデジタルカメラに携帯が搭載されたようなもの。デジタルカメラと同等サイズの1/2.3型CCDセンサーを採用し、1,210万画素。シャッターボタン、ブームホイールを配置する。

 
《RBB TODAY@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)