リセマム6周年

日本はすでに「電子書籍大国」? 2009年市場はすでに610億円規模で二桁成長

教育ICT ソフト・アプリ

電子書籍市場規模推移(矢野経済研究所推計) 電子書籍市場規模推移(矢野経済研究所推計)
  • 電子書籍市場規模推移(矢野経済研究所推計) 電子書籍市場規模推移(矢野経済研究所推計)
 矢野経済研究所は18日、「電子書籍市場に関する調査結果 2010」を公開した。2009年度の国内電子書籍市場規模は610億円(前年度比119.6%)で、日本はすでに「電子書籍大国」であると位置付けている。

 この調査は、2010年6月~11月の期間、出版社、書店およびその他関連企業、業界団体等に対して直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査などを行ったもの。携帯電話向け、パソコン・PDA向け、電子書籍リーダー向けに配信される電子書籍のコンテンツの事業者売上高で算出したものとなっている。

 それによると、2009年度の国内電子書籍市場規模は、事業者売上高ベースで610億円(前年度比119.6%)と推計された。2010年5月に日本国内で発売されたApple社のタブレット端末「iPad」が電子書籍市場の急成長の契機とされるが、本格的な電子書籍リーダーが市場に出回る数年前から、出版社は旧作の漫画をパソコンや携帯電話向けに配信しており、日本はすでに「電子書籍大国」となっていると分析した。

 これまで、電子書籍市場の拡大を阻む要因として、「持ち歩いて読めない」「長時間読むと目が疲れる」「ダウンロードに通信コストと時間がかかる」などがあげられていたが、「iPad」「Kindle」、さらにはスマートフォンの登場といったハードウェア面での技術の進化に加え、ブロードバンド化による大量コンテンツの配信および定額制の普及などにより、これらの課題は解消されつつあるとした。

日本はすでに「電子書籍大国」? 2009年市場はすでに610億円規模で二桁成長……矢野経済研調べ

《冨岡晶@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)