リセマム6周年

かけた覚えのない国際通話の請求が来たら?

生活・健康 その他

内線電話端末なりすましによる不正通話イメージ 内線電話端末なりすましによる不正通話イメージ
  • 内線電話端末なりすましによる不正通話イメージ 内線電話端末なりすましによる不正通話イメージ
 NTT東日本、NTT西日本、および電気通信事業者協会(TCA)は24日、「かけた覚えのない国際通話料金が請求された」という事例について、注意喚起する文章を公開した。

 それによると最近、IP電話サービスを利用しているユーザーにおいて、「かけた覚えのない国際通話料金が請求された」という事象が発生しているという。NTT東日本およびNTT西日本では、ひかり電話の利用者の一部からも、このような申し出を受けたとしている。

 この原因は、内線電話端末なりすましによる不正通話によるものであることが判明している。外出先などからインターネット経由でIP-PBXソフトウェア等にアクセスできるように設定されており、そのセキュリティ対策が不十分な場合に、第三者が内線電話端末登録機能を悪用し、国際通話をするというものだ。

 NTT東西では、当該ソフトウェア等を提供しているメーカーやベンダー等に相談すること、必要がない場合はインターネットからIP-PBXソフトウェア等へのアクセスを許容しないよう対策することなどを呼びかけている。ひかり電話から海外向けへの発信を休止することも可能とのこと。なお通信設備の異常は確認されておらず、NTT東西ではインターネットからの発信要求を受け付けない仕様となっていることから、インターネット経由で同社の内線電話端末になりすまされる事象は発生していないとしている。

かけた覚えのない国際通話に注意……NTT東西、TCAなどが注意喚起

《冨岡晶@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)