リセマム6周年

後席シートベルト着用率、一般道路では低下…JAFと警察庁

生活・健康 交通・クルマ

日本自動車連盟(JAF)と警察庁は、自家用乗用車の利用者を対象に実施した「シートベルト着用状況全国調査」の結果を発表した。

調査は10月1日から10日まで、全国で実施した。

着用が義務付けとなって上昇した後部座席のシートベルト着用率は、高速道路が63.7%と依然として低いものの、前年より0.3ポイントアップした。ただ、一般道路では33.1%で、前年より0.4ポイント低下し、後席シートベルト着用の意識は依然として低いままだ。

一般道路の運転者の着用率は97.3%で前年よりも0.7ポイントアップした。高速道路では前年と同じ99.2%だった。助手席の着用率は一般道路が1.4ポイントアップの92.2%、高速道路が0.1ポイントアップの97.0%で、運転者よりも低い。
《編集部@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)