リセマム6周年

食べて美味しいあの調味料や、エコ関連が健闘「2010ヒット商品番付」

デジタル生活 その他

2010ヒット商品番付
  • 2010ヒット商品番付
 SMBCコンサルティングは11月25日、「2010年のヒット商品番付」を発表した。同社によれば話題の商品・イベントは多かったものの、大ヒットと呼ぶにふさわしい「横綱」は不在の1年であったという。

 その中でもトップの東の大関に選ばれたのは「スマートフォン」。ソフトバンクのiPhoneをはじめ、NTTドコモ、auも新機種を投入し、PCの機能をケータイとして持ち歩くスタイルが広がりつつある。

 西の大関には「食べるラー油」がランクイン。風味豊かなさまざまな具材を加えることで「調味料」から「食品」へと変化を遂げ、家庭用ラー油市場は前年比で6倍にも拡大したという。

 家事製品では「コンパクト液体洗剤」が、西の前頭3枚目と健闘。洗浄力に優れ、節水や節電につながることから販売を拡大し、粉末洗剤と市場シェアを逆転するに至ったという。

 また同じくエコの視点から売り上げを伸ばした「LED電球」が、西の前頭2枚目に。今年に入って低価格化が進んだことで半年で600万個を売り上げたという。

 なお、三賞には、殊勲賞「猛暑特需 ガリガリ君」(東・小結)、敢闘賞「ゲゲゲの女房」(西・関脇)、技能賞「はやぶさ」(東・前頭4)が、それぞれ選ばれている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)