リセマム6周年

グーグル・ストリートビューで窃盗の下見

生活・健康 交通・クルマ

グーグル SVカメラカー?
  • グーグル SVカメラカー?
窃盗事件を起こしたとして今年9月に長崎県警が逮捕した39歳の男が、他県での犯行に及んだ際、グーグルが提供する「ストリートビュー(SV)」を参考に現場の様子を把握したり、逃走経路の確認をしていたことが明らかになった。

長崎県警・長崎署によると、この男は2010年9月7日に同署が窃盗容疑で逮捕し、現在は同容疑で起訴されている。男はシャッターの昇降ボタンを破壊する手口で建物内に侵入。現金などを奪っていた。これまでの調べで13都道府県で108件の犯行を繰り返し、約620万円を盗んでいたことがわかっている。

SVを参考にして犯行に及んだとみられているのは、今年6月に岡山県倉敷市内で発生し、約25万円の現金を盗難したというもの。漫画喫茶のパソコンで店の外観や逃走経路などをチェック。実際の犯行に及んでいた。

他の場所でもSVを使用していたとみられるが、男が明確に「SVで下見をした」と供述しているのは、岡山県内で発生した2件のみだという。

日本国内でSVを悪用した窃盗事件が明らかになるのは今回が初とみられる。
《石田真一@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)