リセマム6周年

Twitter、大学生の6割は「今後利用したくない」

デジタル生活 ソフト・アプリ

Twitterを今後利用したいと思うか Twitterを今後利用したいと思うか
  • Twitterを今後利用したいと思うか Twitterを今後利用したいと思うか
  • Twitterの利用状況/非利用理由 Twitterの利用状況/非利用理由
  • SNS利用度/利用しているサービス SNS利用度/利用しているサービス
  • SNS交流メンバー内訳/SNS上での話題を実際の会話でも出す頻度 SNS交流メンバー内訳/SNS上での話題を実際の会話でも出す頻度
  • SNSによる友人関係の変化 SNSによる友人関係の変化
 社団法人東京広告協会主催の「大学生意識調査プロジェクト FUTURE2010」は6日、大学生を対象とした、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に関する意識調査の結果を公表した。

 この調査は、2010年7月13日~26日に行われ、首都圏の大学生から有効回収数1239票(このうち816票を集計)を得たもの。それによると、大学生にTwitterの今後利用意向を聞いたところ、大学生の57.0%がTwitterを「利用したくない/し続けたくない(計)」と回答したという。今話題のソーシャルメディアであるTwitterが、大学生にとっては魅力的ではない可能性が判明した。

 現在の大学生のTwitter利用率は、「利用している(閲覧のみも含む)」が23.4%、「登録しているがまったく利用していない」が12.3%、「登録していない」が64.3%と、まだ利用していない大学生が多く見受けられた。利用しない理由の上位は、「興味がない/なくても困らないから」「常に更新しないといけない感じがする/面倒くさいから」が上位となった。まだ知識が足りない層も見受けられるが、Twitterのスピード感あるコミュニケーションに戸惑いを感じているとも考えられるとのこと。

 一方、Twitterを除くSNS(mixiなど)に対しては、大学生は非常に親和性が高いという結果も出ている。SNSの利用率は、 「利用している(閲覧のみも含む)」が71.8%、「登録しているがまったく利用していない」が6.0%、「登録していない」が22.2%と、多くの大学生が利用していることが判明。また、SNS利用者に聞いた利用しているSNSは、「mixi」が96.6%が圧倒的第一位、続いて18.4% の「モバゲー」、14.3%の「GREE」となり、コミュニケーション要素の強い「mixi」に大学生の支持が集中する結果となった。

 さらに大学生のSNS上の交流メンバーは、「同じ大学のなかのいい人」88.6%、「小中高などの地元の人」85.5%、「同じサークル・部活の人」75.7%となった。また、「SNS上での話を実際の会話でも出す(計)」と答えた大学生が86.8%もいた。このことから、大学生は交流を広げるというよりは、ふだん良く会う仲間内とのコミュニケーション手段としてSNSを活用し、SNSを使ってふだんのコミュニケーションを円滑にしていることがうかがえる。さらに、SNSを使ったことで、「友人関係がどちらかというと良くなった」大学生は98.3%と、大学生にとってSNSが友人関係を良くすることにまで活躍していることが判明した。この結果に対し、同調査では、「大学生は、SNS=そこらへん・なかまうち・サービス、が好き」と考察している。

Twitter、大学生は「フォロー」しない? 6割は「今後利用したくない」……東京広告協会調べ

《冨岡晶@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)