リセマム6周年

Twitterユーザーが今年最もつぶやいた漢字は?

デジタル生活 インターネット

今年の一文字 今年の一文字
  • 今年の一文字 今年の一文字
  • 郵便年賀.jp 郵便年賀.jp
 日本郵政が、11月1日に、特設サイト「郵便年賀.jp」内にオープンしたコンテンツ「今年の一文字」では、ツイッターユーザーが2010年に自分が最も多くつぶやいた漢字一文字を知ることができる。サービス開始1ヶ月で、すでに約32万人のユーザーが利用したという。

 それに合わせて同社は、ツイッターユーザーが今年最もつぶやいた漢字ベスト10を発表した。

 それによると、今年つぶやきに最も含まれていた漢字第一位は「見」だった。同社によると、「○○を見てる」「○○を見てきた」など、体験していることをフォロワー間で共有するようなつぶやきや、話題の事柄を自分も体験したことを表明するようなつぶやきが多かったとのこと。二位以降は、「気」「思」「大」「出」などの漢字が続いた。

 またそれぞれの個人ユーザーレベルで見ると、ユニークな結果が出た人も多いようだ

「闇」:劇団員「うわ、冗談でもこんなに使ってたとは(絶句)」
「生」:女子大生「なにが生なんだろう……?」
「寝」:男子高校生:「150文字もつぶやいたって、どんだけ眠たいんだよ!!」
「男」:アラフォー主婦:「あら私ったら……」

 「今年の一文字」は、2010年1月1日からのツイッターのつぶやき最大3,200件を抽出し、その中で最も多く使われている文字を解析。漢字は毛筆体で表示され、年賀状用の画像素材にすることもできる。
《RBB TODAY@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)