リセマム6周年

インフルエンザ閉鎖数が100件超え、東京でも流行開始

生活・健康 健康

インフルエンザ流行マップ(第49週)
  • インフルエンザ流行マップ(第49週)
  • 東京都におけるインフルエンザ患者報告数
  • インフルエンザ様疾患による集団感染事例の報告数及びウイルス別型検出割合(東京都)
  • 東京都のインフルエンザ状況報告
 厚生労働省は12月17日、第49週(12月6日〜12日)のインフルエンザ流行レベルマップを更新した。

 発表によると、定点あたりの報告数は0.93(患者報告数4,480)と第42週以降増加が続いている。都道府県別では佐賀県(4.87)、北海道(4.48)、長崎県(3.74)、埼玉県(1.93)、大分県(1.91)、沖縄県(1.45)、宮城県(1.36)、福島県(1.33)の順となっている。

 警戒レベルを超えている地域は、北海道で2箇所、注意報レベル地域は、北海道で3箇所、佐賀県で1箇所、長崎県で1箇所が認められた。

 また15日に発表になった同省の「インフルエンザ患者の国内発生について」資料によれば、12月5日〜11日の間に休校、学年・学級閉鎖となったのは全国で112件。前の週から44件増加した。そのうち82件が小学校、11件が中学校となっている。

 さらに東京都でも12月16日、福祉保健局から「インフルエンザの流行開始」について発表があった。都内の定点医療機関における患者報告数が、第49週(12月6日〜12日)に1機関あたりの患者数が1.04人となり、流行開始の目安を超えたという。この間、都内の学校などにおける臨時休業は、幼稚園で1件、小学校で8件、中学校で1件報告されたという。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)