リセマム6周年

タカラトミーアーツ、ギア内蔵型キューブパズル「3Dギアキューブ」

趣味・娯楽 その他

パッケージ
  • パッケージ
  • 3Dギアキューブ
  • 3Dギアキューブ
  • 構造
  • 3Dギアキューブ完成
 タカラトミーアーツは1月13日、ギア内蔵型のキューブパズル「3Dギアキューブ」を2月24日より発売すると発表した。

 3Dギアキューブは、ドイツのパズル発明家メファート教授が考案したもの。各キューブを回して6面の色をそれぞれ揃えるキューブパズルだが、幾何学的な形のキューブが組合わさった立方体の構造で、回転させると本体の形が立方体から多角多面体に変動し、複雑化する。

 本体の各辺の中央に付けられた「エッジキューブ」により、回しても動かない部分と連動して動く部分ができるため、「一見動くはずのキューブを動かせない」「揃うと思ったキューブが揃わない」というような視覚的な混乱が起きるのだという。

 これを解くには、3D(立体感)の思考が必要で、キューブを回したときにどれがギアの影響を受け、どのキューブがどう動くのかといった仕組みを立体的に理解する必要がある。逆に言えば、ギアとキューブの動きの法則を理解すると、解きやすく親しみやすいパズルだといえる。

 表面にはカラフルな6色が使われており、ギアが噛み合う音や感触が心地よいパズルだという。同社では今後もメファート理論によるパズルを商品化していく予定だ。

◆3Dギアキューブ(ブラック/ホワイト全2種)
価格:2,310円
本体サイズ:(W)60mm×(H)60mm×(D)60mm
内容:本体、攻略ガイド
対象年齢:8歳以上
取扱い場所:全国の雑貨店、玩具店、家電量販店など
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)