リセマム6周年

埼玉県、小学校までに身につけてほしい「3つのめばえ」を策定

教育・受験 その他

子育ての目安「3つのめばえ」
  • 子育ての目安「3つのめばえ」
  • 幼稚園・保育園・認定こども園で身につけてほしいこと
 埼玉県教育委員会は2月22日、小学校入学までに子どもたちに身につけてほしいことを、子育ての目安「3つのめばえ」として策定し公開した。

 埼玉県では、家庭と幼稚園・保育所・認定こども園、小学校がともに子どもを育てていくことを目指し、幼児教育を推進しているが、小学校生活への不適応や子育て不安の増大などの家庭の教育力の低下等の課題を受け、子育ての目安「3つのめばえ」を策定した。

 3つのめばえの内容は、小学校入学までに身につけてほしいことを幼児期の特性である「生活」「他者との関係」「興味・関心」のそれぞれの視点から取りまとめたもの。

 生活では「健康で安全な生活をする」「自分のことは自分でする」「物を大切にする」、他者との関係では「人とかかわる力を身につける」「言葉で伝え合う」「きまりや約束を守る」、興味・関心では「好奇心や探究心をもっていろいろなものにかかわる」「文字や数量などの感覚を豊かにする」「自分の思いを表現する」などが盛り込まれている。

 同教育委員会では、家庭・幼稚園・小学校・地域社会など子どもにかかわるすべての人が、3つのめばえを共有し、一体となって健やかな子どもを育むことを目指す。また、この取組みにより、幼児教育の充実と家庭の教育力の向上、さらには幼児教育と小学校教育との円滑な接続を図るとしている。

 また、今後は幼稚園・保育所、小学校、保護者などに向けた「3つのめばえ」パンフレットを作成、配布し活用をすすめるという。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)