リセマム6周年

都立高校の半数が臨時休業…計画停電を受け

教育・受験 学校・塾・予備校

区市町村立学校
  • 区市町村立学校
  • 都立学校
 計画停電による交通機関の乱れにより大混乱となった3月14日の首都圏。臨時休業になるなど、多くの学校でも影響が出た。東京都教育委員会 教育庁は同日、「交通機関の乱れ等による東京都内公立学校への影響について(正午現在)」を発表した。

 区市町村立学校では、1,311校の小学校のうち104校が休業、6校で始業時繰下げ、133校で始業時繰上げとなり、243校で影響が出た。中学校623校では52校が休業、4校で始業時繰下げ、100校で始業時繰上げを実施し、156校で影響が出た。

 都立高校(全日)では178校中90校が休業、2校で始業時繰下げとなり、影響は全体の52%の92校に及んだ。高等学校では卒業式シーズンに入っているが、東北地方太平洋沖地震の発生を受け、日程を延期した学校もある。

 影響は明日以降も予想されることから、一部の学校ではホームページにて、明日以降の休業についても告知を開始している。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)