リセマム6周年

福島原発の放射性廃液を海洋投棄

生活・健康 交通・クルマ

東京電力(勝俣恒久会長)は4日18時50分、福島第一原発5号機と6号機に貯まっている放射性廃液の海洋放出を行うことを発表した。同日19時と21時に実施する。

19時に放出されるのは、集中廃棄物処理施設に貯まっている「低レベルの滞留水」(約1万t)。

集中廃棄物処理施設に貯まっている「低レベルの滞留水」は、10台のポンプでくみ上げて海中に投棄する。ポンプの能力は10台で1時間当たり20tの排水能力がある。すべて完了するまでに最短でも50時間かかる。

また、21時には5号機と6号機のサブドレンピットに保管されている「低レベルの地下水」も放出される。予定されている排出量は、5号機は1000t、6号機は500t。サブドレインピットには、これ以上の地下水があるが、今回排出されるのは合わせて1500t。

この放出について、東電側はこうコメントする。

「低レベル滞留水等の海洋放出にともなう影響としては、近隣の魚類や海草などを毎日食べ続けると評価した場合、成人の実効線量は、年間約0.6mSv(ミリシーベルト)と評価しており、これは、一般公衆が自然界から受ける年間線量(2.4mSv)の4分の1であります」

東電は、「低レベルの滞留水」や「低レベルの地下水」でも、仮設タンクなどに保管することを考えたが、仮設タンク、バージ船やメガフロートなど、あらゆる収納が、最も早い場合でも来週末になることから、海洋投棄を優先させた。
《中島みなみ@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)