リセマム6周年

羽田空港でエリアワンセグ放送実験、携帯やスマホで受信

生活・健康 交通・クルマ

羽田エリアワンセグサービスの概要
  • 羽田エリアワンセグサービスの概要
  • 羽田エリアワンセグサービスの概要
  • 羽田エリアワンセグサービスの概要
日本空港ビルデングは、4月22日から羽田空港第2旅客ターミナルで、エリアワンセグ放送の実証実験を開始すると発表した。

実証実験では、ホワイトスペースを活用したエリア放送実験を行う。サービスビジネストライアルを様々な形で実施し、新規ビジネスサービスの開拓、空港利用者の利便性向上や羽田空港の活性化を図る。

実験で使用する周波数はUHF33チャンネル。羽田空港第2旅客ターミナル・マーケットプレイス2階中央特設ブースで空港案内や観光情報を放映する。ワンセグ付き携帯電話やスマートフォンなどの対応端末で受信できる。

羽田空港は2010年7月30日に総務省から「ホワイトスペース特区」の先行モデルに選ばれている。

また、総務省は2015年までにホワイトスペース特区の全国展開も視野に入れており、羽田空港でのサービストライアルを全国の空港に展開する可能性も検討する。

羽田空港でエリアワンセグ放送の実証実験

《編集部@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)