リセマム6周年

笑顔で日本を元気に…「笑顔甲子園 」参加高校生を募集

趣味・娯楽 その他

高校生笑い日本一決定戦「笑顔甲子園 “絆”in新居浜」
  • 高校生笑い日本一決定戦「笑顔甲子園 “絆”in新居浜」
  • 高校生笑い日本一決定戦「笑顔甲子園 “絆”in新居浜」
 愛媛県新居浜市では、8月27日・28日に同市において開催する高校生笑い日本一決定戦「笑顔甲子園」の参加者を募集している。

 同イベントは、新居浜市が全国の高校生を対象に行うお笑いパフォーマンスコンテスト。同市でこれまで続けてきた、笑いの介護予防事業や熱心な市民のネットワークを活かした「笑顔輝くまちづくり」の一環として開催されるという。

 コンテストの応募資格は国内在住の高校生(第3学年までの高等専門学校生含む)で3名以内のグループおよび個人。演目は落語、漫才、コント、ものまね、漫談などでオリジナル作品に限るが、落語については古典・新作は問わない。差別的表現、わいせつな表現、特定の個人団体の誹謗中傷する内容は不可。

 参加希望者は7月15日までに映像作品を主催者に郵送し、映像審査による予選の後、本選では公開審査が行われ、2日間で計3回の演目を披露することとなっている。用意する演目はすべて同じものでも違うものでも可能で、世代別審査と決勝審査の合計点で各賞を決定するという。

 参加費は無料。本選出場者には、新居浜市までの往復公共機関交通費を主催者が負担する。また、東日本大震災被災地からの出場チームは、宿泊・食費を含み全額主催者が負担する。新居浜市では、すべての世代を笑いに巻き込み、笑いによる人と人との絆づくりにチャレンジしてほしいと参加を呼びかけている。

◆高校生笑い日本一決定戦「笑顔甲子園 “絆"in新居浜」
【募集要項】
演目と演技時間:
 [演目]落語(古典、新作)、漫才、コント、ものまね、漫談などオリジナルのもの
 [演技時間]予選3分以内(落語のみ6分以内)/本選5分以内(落語のみ10分以内)
応募資格:国内在住の高校生(第3学年までの高等専門学校生含む)で3名以内のグループまたは個人
応募締切:7月15日(金)※必着
応募方法:締切日までに、以下の2点を応募先へ郵送提出
・応募申込書(ホームページ内のダウンロード可)
・予選審査用映像(DVD-R)
応募先:
 〒792-8585 愛媛県新居浜市一宮町1-5-1
   新居浜市企画部総合政策課 「笑顔甲子園」係
※10組以内の本選出場者を決定。結果発表は7月末予定。

【本戦】
日程:8月27日(土)本選1日目(世代別審査)
   8月28日(日)本選2日目(決勝審査)
会場:
[8月27日]新居浜市商業振興センター「銅夢にいはま」(新居浜市泉池町10番1号)
[8月28日]新居浜市市民文化センター 大ホール(新居浜市繁本町8番65号)
内容:
・第1日目(世代別審査)…学生(幼児〜学生)、社会人(主婦、高齢者含む)の客層別に2回の演目披露
・第2日目…決勝審査として、世代分けの無い客層の会場で演目披露
特別審査員:
・桂 三幸
・らくさぶろう
・高見知佳
※上記3名のほかに、サプライズ審査員
※会場来場者も一般審査員として加わる
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)