リセマム6周年

三菱自動車とハワイ、電気自動車普及に向けて協力

生活・健康 交通・クルマ

i-MiEV(北米仕様)
  • i-MiEV(北米仕様)
  • i-MiEV(北米仕様)
  • i-MiEV(北米仕様)
  • i-MiEV(パリモーターショー10)
三菱自動車は、米国の製造・販売子会社のミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ・インク(MMNA)が6月7日(現地時間)、米国ハワイ州と電気自動車(EV)の普及促進に向けた取り組みで協力する覚書を締結したと発表した。

MMNAは、ハワイ州でEVが普及するための施策で協力する。具体的にはMMNAはハワイ州に対し、EV普及に有効な情報を提供したり、提言する。また、EV供給プロセスにおけるパートナーネットワーク構築によるEV普及の支援や、環境技術の分野での雇用創出を支援する。

ハワイ州でEVの普及や認知向上を目的としたEVのデモンストレーションや教育活動を補助するため、急速充電器インフラ整備で支援する。さらに、ハワイ州でEVの受容性や認知の向上を目的とした公共教育活動を支援する。市民大学、専門学校でのEVや充電インフラに関する技術者の教育カリキュラムの開発・導入も支援する。

三菱はEVの『i-MiEV』を今秋に米国で発売する予定で、MMNAはハワイ州をカリフォルニア州など米国西海岸の州とともに、最初に販売する州として選定している。

三菱自動車とハワイ州、EV普及に向けて協力

《編集部@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)