リセマム6周年

レグザタブレット、7月下旬発売…東芝

デジタル生活 モバイル

タブレット、東芝 「レグザタブレット AT300/24C」
  • タブレット、東芝 「レグザタブレット AT300/24C」
  • 横置き 横置き
  • 液晶テレビ「レグザ」や「ブルーレイレグザ」と連携する「レグザAppsコネクト」のイメージ 液晶テレビ「レグザ」や「ブルーレイレグザ」と連携する「レグザAppsコネクト」のイメージ
  • 「ブックプレイス」のトップページ画面 「ブックプレイス」のトップページ画面
 東芝は20日、最新のAndroid 3.1を搭載した10.1型タッチパネル液晶「レグザタブレット AT300/24C」を発表した。販売開始は7月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は60,000円前後。

 「レグザタブレット AT300」は、Android OSと10.1型タッチパネル液晶を搭載したタブレット。4月に「AT300/23C」が発表されたが、これは特定の企業顧客のみ台数を限定して6月27日に販売開始し、すでに生産を終了した。今回の「AT300/24C」は、Android OSを3.0から3.1へアップグレード。一般個人のコンシューマー向けモデルとした。

 「AT300/23C」と「AT300/24C」の違いはOSのバージョンのみ。その他は同様で、「レグザAppsコネクト」に対応しており、同社製液晶テレビ「REGZA(レグザ)」やBlu-rayディスクレコーダー「レグザブルーレイ」のリモコン代わりに直感的に操作することが可能。ホーム画面から電子書籍ストア「ブックプレイス」にアクセスして電子書籍を購入できるなど、エンターテインメント性を備えた。

 おもな仕様として、10.1型液晶は解像度1,280×800ピクセル、省電力LEDバックライト付きで、タッチパネルを採用。CPUはNVIDIAのTegra 2(1GHz)、メモリは1GB、ストレージは16GBフラッシュメモリ、通信は802.11b/g/nの無線LANでBluetoothに対応。本体前面に200万画素、背面に500万画素のデュアルwebカメラを搭載する。

 インターフェースはHDMI/USB2.0/miniUSB/ブリッジメディアスロット(SD/SDXCカードほか)/マイク/ヘッドホンなど。バッテリの連続駆動時間は動画再生時で最大約7時間。本体サイズは幅177×高さ15.8×奥行き273mm、重さは約765g。

東芝、「レグザタブレット」が個人向けに7月下旬発売……最新Android 3.1搭載

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)