リセマム6周年

水を入れれば使える単3電池、3本で630円

デジタル生活 その他

水電池、ナカバヤシ 「Digio2『水電池 NOPOPO』」
  • 水電池、ナカバヤシ 「Digio2『水電池 NOPOPO』」
  • 付属のスポイトで注水するイメージ 付属のスポイトで注水するイメージ
 ナカバヤシは24日、水を入れるだけで発電する単3形乾電池タイプの「Digio2『水電池 NOPOPO』」を発表した。販売開始は8月上旬。希望小売価格は、3本パックが630円、100本パックが20,790円。

 水を使い化学反応を起こせば電池として機能する仕組み。単3形乾電池タイプのデザインで、プラス極の脇にある穴から本体内へ、付属のスポイトを使って水を入れるだけで使用できる。

 穴の中はスポンジ状になっており、注水時はスポンジに水を含ませるイメージ。使用とともに気化し、乾くにつれて発電が弱くなるため、その場合は再度、注水することで繰り返し使用が可能。繰り返す回数は、使用する機器の必要な電流値により変動するが、3~4回が目安だという。

 容量の目安として、LEDライトに使用した場合は電池1本で約5時間の使用が可能。水分であればよいため、水のほかジュースやビールといった飲料、あるいは唾液でも発電するとしている。

 ポケットラジオ、リモコン、電卓、LED懐中電灯など、低消費電力機器に最適だとし、未開封状態で約20年保存できるなど、災害や非常時用の電源に適している。本体サイズは径14.3×50.3mm、重さは15g。単1形や単2形のサイズ変換アダプタを付属する。

水を入れれば使える単3形の「水電池」、3本パック630円

《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)