リセマム6周年

オリンパス、アウトドアで頼れる3D対応タフデジカメ

デジタル生活 その他

タフデジカメ、オリンパス 「OLYMPUS Tough TG-615」グリーン
  • タフデジカメ、オリンパス 「OLYMPUS Tough TG-615」グリーン
  • ピンク ピンク
  • シルバー シルバー
  • ディスプレイ部 ディスプレイ部
  • 縦持ちのイメージ 縦持ちのイメージ
  • 上部 上部
 オリンパスイメージングは、防水・防塵仕様のコンパクトデジタルカメラ「Tough(タフ)」で新たに「OLYMPUS Tough TG-615」を発表した。販売開始は7月下旬。価格はオープンで、同社直販サイト価格は27,800円。

 「TG-615」は、今春発売された「OLYMPUS Tough TG-610」と同様、5m防水/防塵/1.5m耐衝撃/マイナス10度耐低温というタフ性能を備えたコンパクトデジタルカメラ。「TG-610」とのおもな違いとして、さまざまな撮影効果を楽しめる「マジックフィルター」に「ミニチュア」と「ミラー」の2種類を追加。「ミニチュア」はビルや橋がミニチュアで作られたような雰囲気に、「ミラー」では夜景や風景などを湖面に反転したような効果をつけて幻想的な雰囲気に撮影できるという。

 「TG-610」は「ロック」「ポップ」「ピンホール」「スケッチ」「フィッシュアイ」「ウェディング」「水彩」「クリスタル」の8種類だが、「TG-615」では計10種類の「マジックフィルター」を備える。

 そのほかの特長として、有効画素数1,400万画素CCDと同社独自の画像処理エンジン「TruePicIII(トゥルーピックスリー)」、広角28mmからの光学5倍ズームレンズを搭載。解像度1,280×720ピクセルのハイビジョン動画撮影に対応。MPOフォーマットの「3Dフォト」機能を備える。

 また、CCDシフト式手ぶれ補正機構と高感度撮影機能によりダブルでブレを抑える「DUAL IS」を装備し、ダイビングやシュノーケリングなどの水中撮影でもブレを気にせず撮影を楽しめるという。さらに、水中の色味を自動で検出、補正し最適なホワイトバランスで撮影できる「水中オートホワイトバランス」を装備する。

 焦点距離は28~140mm(35mm判換算)、液晶ディスプレイは3型、内蔵メモリは19.5MBでメモリカードに対応(SD/SDHC/SDXC/Eye-Fi)、バッテリはリチウムイオン充電池、本体カラーはシルバー/ピンク/グリーン、本体サイズ幅99.5×高さ64.5×奥行き26.1mm、重さは190g(バッテリ/メモリカード含む)。付属品はストラップ/USBケーブル/AVケーブル/本体内充電用ACアダプタ/リチウムイオン充電池など。
《加藤@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)