リセマム6周年

立命館大学とNEC、大学最大規模のシンクライアントシステムを構築

教育ICT ソフト・アプリ

立命館大学のマルチメディアルーム 立命館大学のマルチメディアルーム
  • 立命館大学のマルチメディアルーム 立命館大学のマルチメディアルーム
  • ネットブート型シンクライアントシステムの概要 ネットブート型シンクライアントシステムの概要
 日本電気(NEC)と立命館大学は14日、大学として最大規模となる端末数約4,500台のシンクライアントシステムを構築したことを公表した。

 今回、立命館大学では、ネットブート型のシンクライアントシステム「Mate MY32B」約4,500台を導入。衣笠キャンパス、びわこ・くさつキャンパス、朱雀キャンパスなど、5つの複数キャンパスのPC教室やフリースペースに、シンクライアント端末を設置した。OSや教育向けアプリケーションソフト(約170種)はサーバで集中管理される。パッチの適用やソフトの追加・更新、カリキュラムの変更にともなうシステム環境の変更など、これまでキャンパス毎に別々に行っていたシステム運用を可能な限りまとめ、システム運用コスト(TCO)を削減した。

 また同時に、関連のサーバを従来の120台から約20台へと1/5以下に集約。サーバには「Express5800/R120b-1」約20台が採用された。このサーバ台数の大幅削減に加え、従来使用していたPCを、省電力のシンクライアント端末に置き換えたことにより、システム全体の年間消費電力量を従来比約50%(290,000Wh以上)削減できる見込みだ。同時に従来システムと比べて約50%のCO2削減となる。

立命館大学、大学として最大規模のシンクライアントシステムを構築……NECより約4,500台の端末導入

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)