リセマム6周年

佐賀大学、AR活用のオープンキャンパス実施…セカイカメラやjunaio

教育ICT モバイル

オープンキャンパスイメージ(セカイカメラ 在学生顔タグ) オープンキャンパスイメージ(セカイカメラ 在学生顔タグ)
  • オープンキャンパスイメージ(セカイカメラ 在学生顔タグ) オープンキャンパスイメージ(セカイカメラ 在学生顔タグ)
  • 佐賀大学「オープンキャンパス」紹介サイト 佐賀大学「オープンキャンパス」紹介サイト
 佐賀大学は15日、スマートフォンアプリ「セカイカメラ」「junaio」などのAR技術を使ったオープンキャンパスを実施することを発表した。

 8月10日に開催されるオープンキャンパスにあわせて、「毎日がオープンキャンパス」というスローガンのもと、さまざまなAR(拡張現実)コンテンツを作成、配置するというもの。まず、在校生のポートレート写真を掲載したポスター約50枚を作成。キャンパス内に一斉掲示し、スマートフォンをかざすと、ポスターに映っている在校生が、受験生に向けたメッセージをしゃべり出す。このポスターでは、junaioの技術が応用されているという。

 また佐賀大学敷地内(本庄キャンパス・鍋島キャンパス内)に、在学生の「セカイカメラ 顔タグ」を配置する。顔タグをタップすると、動画が起動し、メッセージを話し始める。そのほかにも学部棟付近には、「キャンパス案内タグ」を設置、学部の紹介や研究室での風景などを、セカイカメラを通じて画像と文字情報で見ることができる。

 また大学案内の写真にスマートフォンをかざすと、学生からのメッセージ、学園祭の風景、サークル活動風景などの動画が流れ始める仕組みも用意。AR技術を採用した大学パンフは、全国でも初の取り組みとのこと。今後は、佐賀大学の文化教育学部美術・工芸課程の学生によるコンテンツの作成等を実施していく予定。またYouTubeへのチャンネル開設も予定している。

佐賀大学、AR活用のオープンキャンパスを実施……情報発信に「セカイカメラ」「junaio」

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)