リセマム6周年

ANA、マレーシアのLCCと「エアアジア・ジャパン」設立

生活・健康 交通・クルマ

全日本空輸(ANA)は、マレーシアの格安航空会社(LCC)のエアアジアと、成田空港を拠点とするLCCを運営する共同出資会社を設立することで合意した。

LCCの合弁会社は「エアアジア・ジャパン」で、成田空港を拠点とする初のLCCとして、エアアジアのブランドとサービスを使って運航する。2012年8月から国内線と国際線の就航を計画する。

新会社の資本金は50億円を予定。ANAが67%、エアアジアが33%出資する。

航空の自由化の促進、鉄道・高速バスなど他の交通手段との競争激化もあり、国内航空業界を取り巻く環境は大きく変化している。こうした中で、首都圏の国際線の主要空港の成田空港では発着容量の早期拡大が計画されており、LCCや外国航空会社の参入が予想される。ANAはこうした環境変化や新たなビジネスチャンスを獲得するため、成田空港を拠点とした新たなLCCビジネスへの参入を検討してきた。

エアアジアは、ASEAN地域で最大の路線ネットワークを構築しており、ASEAN諸国や東アジア地域の都市間アクセスの向上を実現するために、日本市場でビジネス・パートナーを求めており、両社の考えが一致した。

ANAは、来年3月から関西空港を拠点とするLCC事業をスタートする予定で、LCCビジネスとしては2社目となる。

ANAの伊東信一郎社長は「エアアジアのブランドやビジネス・モデルと、ANAのノウハウを結集させ、新たな旅の楽しさ・スタイルをつくり出し、新規の航空需要を創出していきたい」とコメントしている。

ANAとエアアジア、成田を拠点とする格安航空会社を設立

《編集部@レスポンス》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)