リセマム6周年

7/25午前0時アナログ停波、被災3県を除く44都道府県で間もなく

デジタル生活 その他

世帯普及数の目標と実績
  • 世帯普及数の目標と実績
  • 各県の普及率
 東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島の3県を除く44都道府県にて、24日正午にアナログ放送が終了。25日午前0時には停波する。

 24日正午のデジタル放送への移行に伴い、ブルーバック(青地)になっていたアナログ放送画面は、アナログ停波と共に「砂嵐」と呼ばれる状態となる。

 総務省が3月に発表した調査結果によれば、地上デジタル放送受信機の世帯普及率は94.9%。対応テレビの普及率は91.1%だった。ただし同調査の調査対象者には、80歳以上の世帯が除外されていたことから、調査結果の信ぴょう性に疑問を唱える声もあがっていた。

 総務省では、高齢者への地デジ普及対応策として、被災3県(岩手・宮城・福島県)を除く44都道府県の市町村役場を中心に、「地デジ臨時相談コーナー」を8月26日まで設置するほか、経済的な理由で地デジ受信への対応ができない世帯へ、チューナーの無償給付などを行っている(NHK放送受信料全額免除世帯が対象)。

まもなくアナログ停波……被災3県を除く44都道府県にて

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)