リセマム6周年

大阪工業大、避難児童対象「ものづくり工作教室」8/3

教育・受験 その他

ものづくり工作教室
  • ものづくり工作教室
  • 大阪工業大学
 大阪工業大学ものづくりセンターでは、東日本大震災にともなう県外避難児童を対象にした「ものづくり工作教室」を8月3日に開催する。

 同大学では、子どもたちに理科や科学の面白さに触れてもらおうと、これまでもさまざまなものづくり体験イベントを開催している。今回は、震災後、刻々と変化する環境の中で毎日を過ごす子どもたちにとって、将来の学びにつながるきっかけになることを願い、大阪府内に避難している小学生を対象に実施するという。

 内容は「チャレンジテーマ」として、陶芸、ホバークラフト、PICマイコンカー、LED携帯ライト、ジャンボ鉛筆づくり。「エンジョイテーマ」として、ぷるぷるきつね、森の工作、小物入れ、傘袋ロケット、メカデコペンダント、Gカー、紙トンボ、紙ヒコーキ、ブレスレットづくりとなっている。

 参加は無料で、昼食は学食体験が用意される。参加希望者は事前申込が必要となっている。なお、安全にものづくりを楽しむため、運動靴・長ズボンを着用のこととなっている。

 参加希望者は、8月1日までに電話、または「住所、保護者氏名、参加者の氏名・学年、電話番号」を明記の上、FAX・ハガキで申し込みのこと。

◆大阪工業大学「ものづくり工作教室」
日時:8月3日(水)10:00〜15:00(9:30受付開始)
開催場所:大阪工業大学大宮キャンパス ものづくりセンター(大阪市旭区大宮5-16-1)
対象:東日本大震災の県外避難児童
参加費:無料(昼食は学食体験)
【内容】
[チャレンジテーマ]※希望者多数の場合は抽選
 陶芸、ホバークラフト、PICマイコンカー、LED携帯ライト、ジャンボ鉛筆
[エンジョイテーマ]
 ぷるぷるきつね、森の工作、小物入れ、傘袋ロケット、メカデコペンダント、Gカー、紙トンボ、紙ヒコーキ、ブレスレット
参加方法:ハガキ・FAXで事前申込
申し込み先:
 〒535-8585 大阪市旭区大宮5-16-1
  大阪工業大学ものづくりセンター事務室
締切:8月1日(月)
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)