リセマム6周年

「東芝東日本大震災奨学基金」の受給者、230名を募集

教育・受験 その他

東芝東日本大震災奨学基金
  • 東芝東日本大震災奨学基金
 財団法人日本国際教育支援協会では、「東芝東日本大震災奨学基金」の受給者を募集している。

 同奨学金は、東芝の支援によるもので、東日本大震災によって経済状況が急変し、学業継続が困難な状況にある、日本国内の大学学部および大学院修士課程、短期大学に在籍する学生に対し、経済的不安を緩和し、学習効果を高めることを目的として寄与するもの。

 東芝は、「人を大切にします。豊かな価値を創造します。社会に貢献します。」という経営理念に基づき、日本の未来を担う被災世帯の若者の一助となるべく、同奨学金の資金を提供しているという。

 応募資格は、2011年9月現在、岩手・宮城・福島県内の大学学部および大学院修士課程、短期大学に在籍する正規学生で、同震災により被災し、経済的事由により修学が困難な状況が見込まれる学生(福島第一原子力発電所の事故による避難・失業・収入減も対象となる)で、条件にあてはまる人。

 採用人数は230名で、月額奨学金は10万円。支給対象期間は、10月より学業終了までの最長3年6ヶ月(修士課程・短期大学の場合は最長1年6ヶ月)となっている。

 同奨学金への応募は、所定の様式による応募・推薦書類を、在学する岩手・宮城・福島県内の大学および短期大学を通じて行う。なお、受給者は奨学金の返還義務を伴わない。

◆東芝東日本大震災奨学基金
応募資格:次のすべてに該当する人
(1)2011年9月現在、岩手・宮城・福島県内の大学学部及び大学院修士課程、並びに短期大学に在籍する正規学生で、本震災による火災・水害等で被災し、家計を支える方が失業・破産・事故・病気・行方不明・死亡等の被害を受け、経済的事由により修学が困難な状況が見込まれる学生(福島第一原子力発電所の事故による避難・失業・収入減も対象となる)。
(2)心身共に健康であり、かつ品行方正で学習意欲の高い者。
(3)2011年4月以降、他の奨学金の支給を受けていない者(貸与型(返済が必要なもの)の奨学金、学費免除、及び一時給付金は除く)。
(4)大学の長の推薦を受けることができる者。
採用人数:230名
奨学金月額:100,000円
支給対象期間:2011年10月より学業終了までの最長3年6ヶ月間(修士課程・短期大学の場合は最長1年6ヶ月間)
応募・推薦方法:
(1)同奨学金を受けようとする者は、所定の様式による応募・推薦書類を、在籍する大学に提出するものとする。
(2)大学の長は、応募資格に該当するとともに、学業・人物ともに優秀と認められる応募者について、応募・推薦書類を、同協会理事長に提出するものとする。
大学からの願書兼推薦書受付期限:9月20日(火)必着
※受付期間を過ぎたり、提出書類が不備の場合は、原則受理しない。また、提出書類は一切返却しない。
選考結果の通知:10月下旬から順次、大学を通じて通知
※奨学金は、在学大学を通じて支給
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)