リセマム6周年

「中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド」学校に無料配布

生活・健康 健康

中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド
  • 中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド
  • 学校保健ポータルサイト
 日本学校保健会は9月1日、「中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド」の無料提供についてホームページに情報を公開した。

 日本学校保健会は、学校保健の向上発展を目的として設立された財団法人。子どもたちの健康に関する調査・研究や、情報提供など学校保健に関するさまざまな活動を行っている。

 日本学校保健会と、日本眼科医会・常任理事の宇津見義一氏が監修を務めた「中学生・高校生のためのコンタクトレンズガイド」は、ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーが学校での指導用啓発資料として制作したもの。中高校生とその保護者に向け、コンタクトレンズに関する知識や、正しい使用法やケアの仕方、適切な視力補正のあり方など、目とコンタクトレンズについての身近な疑問を解決するためのガイドブックとなっている。

 ガイドブックは、中学校・高校を通じて配布されるため、養護担当教諭などからの申し込みが必要。配布部数は20万部を予定しており、申し込みはホームページまたはファクスにて10月31日まで受け付ける(配布部数に達し次第終了)。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)