リセマム6周年

ドコモ、LTEサービス「Xi」対応タブレット2機種発表

デジタル生活 モバイル

GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
  • GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D
 NTTドコモは8日、LTEサービス「Xi」に対応したAndroidタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」と「ARROWS Tab LTE F-01D」を発表した。

 「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」は、Android 3.2を採用した10.1ディスプレイのタブレット端末。薄さは約8.6mm、重量約565gながら、7000mAの大容量バッテリーを搭載している。CPUは1.5GHzデュアルコアを搭載している。通信機能はLTEに対応しているほか、HSDPA/HSUPA、Bluetooth、Wi-Fi(IEEE802.11 a/b/g/n)に加え、「Wi-Fiテザリング」機能搭載で無線LANルーターとしても利用可能(USB接続にも対応)だ。また、HDMI変換ケーブル(別売)によって、テレビに出力も可能。タブレットサイドにはデュアルスピーカーも搭載しているので、迫力のある音を楽しむことができるとしている。

 サムスン独自のUI“Touchwiz”が搭載されており、ホームスクリーンでSNS、天気予報、写真などのウィジェットで情報を確認できる。アプリケーションは、ドコモオリジナルのSPモード、ドコモマーケットほか、WordやExcel、PowerPoint、PDFなどを閲覧・編集できる「Polaris Office」を搭載する。さらに、手書きのメモをデジタル化するキングジムの「SHOT NOTE」や、AOSSで無線LANに簡単接続できるバッファローのアプリケーションも確認できる。

 「ARROWS Tab LTE F-01D」は、「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」と同様Android 3.2を採用した10.1インチの富士通製タブレット。CPUは1GHzのデュアルコアを搭載し、防水(IPX5/IPX7)やワンセグに対応することで、お風呂やキッチンでの使用も考慮しているのが特徴。また、富士通の携帯端末でも採用されている「サクサクタッチパネル」を採用、タッチ操作時の応答性や追従性にこだわっているという。通信機能はLTEに対応しているほか、HSDPA/HSUPA、Bluetooth、Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)、Wi-Fiテザリングとなっている。

 また、手の動きをカメラが感知することで、ワンセグのチャンネル切り替えやボリュームコントロール、ブラウザの上下などの操作が可能なハンドジェスチャーコントロール機能を用意している。

 「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」に比べると「ARROWS Tab LTE F-01D」は、ファミリー用途を意識しており、子供用に時間割を作成できるウィジェットがあるホーム画面や楽天レシピなどを用意した主婦向けホーム画面など、壁紙デザインや、アプリショートカット、ウィジェットを家族の利用に合わせて簡単に着せ替えられるスタイル切替機能を用意する。なお、アプリケーションでは辞書機能が充実しているのも特徴で、29の辞書「富士通モバイル統合辞書+」を搭載している。

 DTCP-IP対応DLNAサーバー機器と連携して録画した地デジ番組をハイビジョン画質のままストリーミング再生可能で、「TSUTAYA TV」「ひかりTV」などの動画配信サービスにも対応している。

NTTドコモ、LTEサービス「Xi」対応タブレット2機種発表!「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」と「ARROWS Tab LTE F-01D」

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)