リセマム6周年

ソフトバンク、下り110Mbpsの高速「SoftBank 4G」発表

デジタル生活 モバイル

「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」の紹介の模様(中継画像より)
  • 「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」の紹介の模様(中継画像より)
  • 「101SI」を手にする上戸彩さん(中継画像より)
  • フォトセッションの模様(中継画像より)
  • 孫正義社長、上戸彩さんのトークの形で、新製品・新サービスの特徴が説明された
 ソフトバンクモバイルは29日、次世代高速モバイル通信サービス「SoftBank 4G」を発表した。業界最速となる下り最大110Mbpsを実現しているとのこと。11月1日より提供を開始する。

 「SoftBank 4G」は、ウィルコムの「XGP」をベースとし、TD-LTEと100%互換を持つ新規格「AXGP」を採用した次世代ネットワーク。2012年度末までに、全国政令指定都市 人口カバー率99%を目指すという。具体的な端末製品としては、モバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 101SI」を発売。SoftBank 4Gに対応し、下り最大76Mbps、ULTRA SPEED 42Mbpsにも対応する。10台まで周辺機器が同時接続可能で電池2個が同梱される(約10時間の通信可能)。

 同日開催された発表会は、ネットでも同時中継され、孫正義社長、上戸彩さん、ウルトラマンが登壇した。孫社長と上戸さんは、次世代高速モバイルインターネットがどのように生活を変えるか、プライベートも交えてトークを展開。「ULTRA WiFi 4Gにより、ダウンロードのストレスがなくなるだけでなく、クラウド上のデータが、あたかも自分のハードディスク上にあるかのように扱える」「インターネットの雑誌サービス“ビューン”も、まるで本屋さんで雑誌を手に取る感覚で閲覧可能に」とアピールした。なお、質疑応答において、10月上旬発表が噂されているiPhone 5に関連する質問も出たが、孫社長はすべて「ノーコメント」としている。

ソフトバンク、下り110Mbpsを実現する次世代ネットワーク「SoftBank 4G」発表……TD-LTEと100%互換

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)