リセマム6周年

iPhone 4S、どこが変わった?

デジタル生活 モバイル

iPhone 4S
  • iPhone 4S
  • iPhone 4S
  • 奥がiPhone 4Sで手前がiPhone 4。側面のパネル処理がことなる
  • 周辺を囲む金属バンドは2つの部品で構成されていたが、iPhone 4Sでは4つの部品で構成されている
  • iPhone 4S、アンテナが変わった! 速度は14.4Mbpsに
  • 8Mピクセルになったカメラ。フルHDの ビデオ録画にも対応した
  • カラーは発売当初から黒と白をラインナップする
  • iPhone 4S
 アップルは4日「iPhone4S」を発表したが、外観における「iPhone 4」との違いはごくわずかだ。

 これまで周辺を囲む金属バンドは3つの部品で構成されていたが、iPhone 4Sでは本体上部ミニジャック端子横にある継ぎ目がなくなるかわりに側面のアンテナ部分に別個の金属パネルが配され、4つの部品で構成されている。

 iPhone 4Sでは、発信と受信に合わせて2つのアンテナを切り替えているといい、HSDPAの最大データ通信速度もこれまでの2倍速い14.4Mbpsとなった。

 さらに、iPhone 4Sは、GSMモデル、CDMAモデル、どちらを選んでも、ワールドフォンとして200か国のGSMネットワークでローミングサービスを利用できるとしている。

iPhone 4S、アンテナが変わった! 速度は14.4Mbpsに

《椿山和雄@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)