リセマム6周年

KDDI、パケット網利用の災害時の音声メッセージお届けサービスを発表

デジタル生活 モバイル

接続概要
  • 接続概要
  • 入力画面イメージ
 KDDIと沖縄セルラーは7日、地震、台風などの大規模災害時にパケット網を利用して音声を配信する「災害時の音声メッセージお届けサービス (仮)」を発表した。2012年春より提供を開始する。

 災害時においては、携帯電話での安否確認などのため音声通話が集中し、設備保護のため、通信規制が実施されることにより、携帯電話による音声通話が利用しにくい状況となる。そのため、災害時の安否確認には「災害用伝言板」などが提供されているが、それだけでは不十分で、肉声を聞きたいと感じているユーザーも多い。

 今回KDDIは、auのAndroidスマートフォン(IS03以降)で音声を録音してファイル化したものを、パケット網を利用して送信し、相手の携帯電話で再生することで、安否確認等の手段を確保するサービスを提供する。これにより、音声網が混み合って電話がかかりにくい場合であっても、安否情報などを音声で相手に届けることができるようになる。サービス利用料は無料。

KDDI、「災害時の音声メッセージお届けサービス」発表……パケット網で音声ファイルを送信

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)