リセマム6周年

銀座・表参道 駅構内Map、Android向け提供実験

デジタル生活 モバイル

「Y!ロコ 地図」AndroidアプリのARルート案内
  • 「Y!ロコ 地図」AndroidアプリのARルート案内
  • 「Y!ロコ 地図」Androidアプリの地図画面
 東京メトロとヤフーは12日、銀座駅と表参道駅の2駅を対象に、スマートフォン向け駅構内地図情報の提供サービスを試験的に実施することを発表した。試験期間は、10月27日から2012年3月31日までの予定。

 今回のサービス試験では、東京メトロとYahoo!JAPANで設計・試作した銀座駅・表参道駅の2駅の「駅構内マップ」を、「Yahoo!ロコ 地図」上で試験的に公開する。これまで、地下駅等屋内施設では「位置確認」や「施設情報の提供等」は困難だったが、これにより、ユーザーのスマートフォン上で、両駅の構内地図情報を確認することや、現在位置に応じたルート検索を行うこと等が可能となる。なお、このサービスは、首都圏の地下駅としては初めての試みとなるとのこと。

 スマートフォン向け駅構内地図情報提供サービスでは、地上の「地図」「航空写真」に加え、新設置の「駅構内」アイコンで切り替えながら「地下駅構内マップ」が確認できる。また、駅構内のトイレや店舗等各種施設の位置を確認し、現在地(出発地)からのルートを検索できるようになる。また、このルート検索においては、バリアフリールート(車イスで行けるルート)等の条件を設定し、ユーザーニーズに合わせた経路を表示させることもできるという。「駅周辺の施設・店舗情報」の施設・店舗情報は、「Yahoo!ロコ」がすでに提供している「キープ」機能により収集でき、人気順に閲覧したり、自分のお気に入りとして整理することも可能だ。また「キープ」をして登録した店舗からは、お得な情報をダイレクトに受け取ることができるようになるとのこと。さらに、位置認識システムにより、地下駅構内マップ上に現在エリアを表示させることができるようになる。

 今後は、このサービスの評価・検証を行い、2駅以外にも、東京メトロ主要駅から順次サービスを提供するべく、検討を行うという。さらに、東京メトロとYahoo!JAPANは今後、地下駅構内情報に関連する各種サービスの提供など、幅広い分野での協業を検討していく考えだ。

 サービス対象の端末はAndroid 2.1以上(iOSおよびPC版については順次公開予定)。10月27日より、Android Market上でアプリリリース予定だ。

東京メトロとヤフー、駅構内の地図をAndroidスマホに提供実験

《池本淳@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)