リセマム6周年

めざせ星空エキスパート…第2回「星検」来年1月に実施

趣味・娯楽 その他

星空宇宙天文検定
  • 星空宇宙天文検定
  • 第1回 星検 会場風景
 星空宇宙天文検定協会では、第2回「星空宇宙天文検定」(星検)を2012年1月15日に実施する。受検申込受付は、ホームページにて11月7日より開始する。

 星検とは、星空が好きで、宇宙・天文に関心を持つ一般の人々に、身近な目標を持って、楽しく段階的に学んでもらうための検定試験。出題テーマは星空や宇宙開発等に関することで、科学だけでなく、星座や暦などの生活文化に根ざした内容も入るという。

 検定級は、星空や宇宙に興味を持ち始めた子どもなどが対象となる5級から、星空エキスパートとして解説者をめざす1級まで5段階が予定されており、現在のところ今年7月に行われた第1回検定で3級と4級が認定されている。

 来年1月の第2回の検定では、第1回で実施した4級、3級に加え、2級を新設する。4級は星空愛好者の入門レベル、3級は星空愛好者の目標レベル、2級は星空エキスパートをめざす人となっている。各級とも正解率70%以上を合格基準の目安とし、合格証明書が発行される。なお、第1回の試験での合格率は、4級が69%、3級が63%だったという。

 4級と3級の併願、3級と2級を併願することも可能。申込みは星検ホームページで11月7日より受付を開始する。また、2級に対応した星検公式問題集を11月下旬に新たに発売する予定だという。

◆第2回 星空宇宙天文検定(星検)
試験日:2012年1月15日(日)
会場:東京 JR三鷹駅近辺を予定
 ※東京の別の場所になる場合もある
検定料:4級3,300円、3級3,800円、2級4,300円、4級・3級併願6,400円、3級・2級併願7,400円
 ※4級と2級を両方受験することはできない
申込期間:11月7日(月)〜12月18日(日)
 ※定員に達し次第、早期に締切る場合もある
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)