リセマム6周年

被災地の奨学生、湯島天神で英国留学の学業成就を祈願

教育・受験 その他

大和日英基金東北スコラーシップ(ブリティッシュ・カウンシル提携)、対象奨学生19名を決定
 日英の相互理解を支援する英国の団体である大和日英基金(本部:英国ロンドン、事務局長:ジェイスン・ジェイムズ)と英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(所在地:東京都新宿区、駐日代表:ジェフ・ストリーター)は、奨学基金「大和日英基金東北スコラーシップ(ブリティッシュ・カウンシル提携)(以下、東北スコラーシップ)」において、本年度の対象奨学生19名を選出した。

 東北スコラーシップは、東日本大震災で被災された学生の英国留学を支援するために設立された奨学基金で、2011年6月3日から8月31日まで募集された。

 奨学基金総額は25万ポンド(約3,375万円)で、2011年から2013年にわたって運営される。

 10月25日には、19名の奨学生のうち10名が、学問の神様として名高い湯島天満宮(湯島天神)(東京都文京区)を参拝し、英国での学業の成就を祈願。参拝には、ディビッド・ウォレン駐日英国大使、ブリティッシュ・カウンシル駐日代表ジェフ・ストリーター、大和日英基金副理事長同前雅弘(どうぜんまさひろ)が参加。参拝後、奨学生はウォレン大使と懇談し、直接激励を受けた。

【ブリティッシュ・カウンシル】
 ブリティッシュ・カウンシルは、1934年に設立された英国の公的な国際文化交流機関。世界100カ国以上で英国と諸外国の文化交流活動を推進している。日本では55年以上の歴史を誇り、教育と文化を通じて、英国と日本を結ぶ架け橋になることを目指している。

【大和日英基金】
 大和日英基金(The Daiwa Anglo-Japanese Foundation)は、1988年、大和證券株式会社(当時)の寄付により、英国の非営利団体(チャリティ)として設立された。英国と日本の相互理解の促進を目的に、大和ジャパンハウス(ロンドンの基金本部)、東京事務局において、個人・団体のプロジェクトへの助成、学生・学術研究者の人物交流・共同研究の機会提供・研究促進の支援、奨学金授与、英国にて日本理解を促進するイベント開催などの活動を行っている。
《キンジロー》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)