リセマム6周年

スマホを狙うワンクリック詐欺、引っかかるとどうなる?

デジタル生活 モバイル

株式会社シマンテックは11月25日、日本のスマートフォンを狙うワンクリック詐欺についてブログで詳細を発表している。

このワンクリック詐欺は、ポルノ関係のWebコンテンツにユーザを誘導するもので、PC向けに以前から存在する手口。ユーザがアクセスを試みると、実際の動画と一緒にマルウェアがダウンロードされ、感染先のPCで実行される。マルウェアは次に、わいせつ画像のポップアップウィンドウを次々と表示し、Webサイトへの有料会員登録を求める。ユーザはポップアップを消したい、あるいは閲覧履歴を隠したいために支払に応じてしまうケースも多い。こういったワンクリック詐欺に、特にAndroidとiPhoneを狙ったサイトが確認されるようになった。きっかけはスパムメールやWebサイトにあるリンクのクリックで、そのリンク先はスマートフォン専用のサイトとなっており、PCでアクセスすると携帯端末からアクセスするよう表示される。

このサイトの目的は、見たい動画を表示するために何度も再生ボタンをクリックさせ、サービスに登録するようユーザを誘導することにある。利用規約はユーザに気づかせないようにページの最下部にあるが、たとえ利用規約を読んで同意のチェックを外してもユーザは強制的に登録されてしまう。登録させられると、ユーザは3日以内に55,000円(700米ドル)という法外なサービス料金を支払うように請求される。登録ページには、端末で使われているIPアドレス、ブラウザ情報、会員IDなどを表示し、いかにも本物であるように見せかける。しかも、退会処理は失敗するようになっている。しかし、サイトの会員になったように見えても、実際には支払いの義務はない。ブラウザを閉じ、二度とアクセスしなければそれで済む。こうしたサイトにうっかり登録してしまった場合には料金を支払ったりせず、ブラウザのcookieを削除すればよい。シマンテックでは、何よりもまずスパムのリンクを絶対にクリックしないよう呼びかけている。

スマートフォンを狙うワンクリック詐欺(シマンテック)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)