リセマム6周年

韓流愛憎劇の真骨頂「いばらの鳥」が地上波初登場、出演料全額寄付も話題

生活・健康 その他

 TBSの「韓流セレクト」枠(毎週月曜から金曜あさ10:05~11:00)で、12月19日(月)より「いばらの鳥」の放送が開始される。

 「いばらの鳥」は、端役俳優からスターへと成長していく女性と、それと相反する選択をした女性2人を中心に、彼女たちが忘れられない初恋の人を巻き込んで錯綜する男女4人の想いが胸を刺すラブストーリー。人間の弱さと強さ、愛と野望、裏切りと許しと韓国ドラマの王道要素満載の韓流愛憎劇だ。

 主演は「善徳女王」「パラダイス牧場」のチュ・サンウクと、「がんばれ!クムスン」「朱蒙」のハン・ヘジン。「春のワルツ」のソ・ドヨンは、この作品の出演料を日本復興のために全額寄付すると宣言し話題になった。

 「韓流セレクト」では現在、「美男<イケメン>ですね」の脚本家ホン姉妹によるファンタジーラブコメディ「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」を放送中だ。また「いばらの鳥」終了後には「ロマンスが必要」の放送が決定している。
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)