リセマム6周年

スペースシャトルのすべてを網羅するiPadアプリ登場

教育ICT インターネット

「スペースシャトルビジュアルガイド」アプリ画面イメージ
  • 「スペースシャトルビジュアルガイド」アプリ画面イメージ
  • 「スペースシャトルビジュアルガイド」アプリ画面イメージ
  • 「スペースシャトルビジュアルガイド」アプリ画面イメージ
  • ケネディ宇宙センターに運ばれたアトランティス
 徳川システムは13日、iPadアプリ「スペースシャトルビジュアルガイド / Space Shuttle Visual Guide」の提供を開始した。

 同アプリは、今年7月に幕を閉じたスペースシャトル計画の全135ミッションのすべてを解説したスペースシャトル事典。価格は500円で、App Storeにて購入できる。

 「スペースシャトル ビジュアルガイド」には、456枚の画像や12本の動画をはじめ、NASA提供のデータがふんだんに使用されており、最初の打ち上げから最後の着陸にいたるまで、計画の様子がすべて網羅されている。また、エンタープライズ、コロンビア、チャレンジャー等の各機体や、ケネディ宇宙センターをはじめとする施設、ハッブル宇宙望遠鏡や国際宇宙ステーションなどのシャトルが宇宙に運んだ貨物、打ち上げから帰還までの過程、135回の各ミッションなどについて、個別に解説をしている。

 iPadならではの操作感で、ページを本のようにめくることや、索引や目次から目的のページへ一気に移動することも可能。同社では、単に解説を読むだけでなく、画像や動画、3Dモデルを合わせて見ることで、より理解を深めることができるとしている。

 スペースシャトルは、NASA(アメリカ航空宇宙局)が開発した人類初の再使用可能な宇宙船。1981年4月12日の初打ち上げから約30年間に、5機の機体(オービター)が計135回のミッションをおこなった。ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げや、国際宇宙ステーションの建造など、数多くの歴史的任務をこなしたが、2011年7月のミッションを最後に計画は終了している。
 
 

スペースシャトルの全てを網羅!……iPadアプリ「スペースシャトル ビジュアルガイド」提供開始

《白石 雄太@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)