教育ICT用語

関西の帰国生向け学校案内、入試情報や受入れ状況などを紹介

教育・受験 学校・塾・予備校

帰国生への学校案内 2013
  • 帰国生への学校案内 2013
  • 関西帰国生親の会かけはし
 帰国生の保護者がつくるボランティア団体「関西帰国生親の会かけはし」は、関西に在住する帰国生とその保護者向け学校情報誌「帰国生への学校案内 2013」を9月下旬より提供する。帰国生入試や編入制度を設けている学校の紹介など、帰国生と保護者をサポートする内容になっている。

 同団体は、海外の生活情報や国内の教育情報などを提供することで、これから海外に赴任する家庭、帰国予定の家庭、帰国した生徒や保護者の教育面をサポートしている。1984年に設立された同団体は、関西圏に住む帰国生の保護者が運営しており、経験者としてのノウハウを生かした情報を提供している。

 これまでの「帰国生への学校案内」同様、2013年度版も帰国生入試や編入を実施している学校、帰国生の多い学校などの情報を重点的に紹介。そのほか、約80か所の学校や教育委員会の取材を始め、学校に通う学生と保護者を対象としたアンケート結果など、保護者目線の独自コンテンツが豊富なことも特徴だ。

 450ページからなる2013年度版では、「帰国生へのサポート~親は何をなすべきか」と題した特集コーナーに加え、「学校に期待すること~母親と帰国生の比較」という調査結果報告など、帰国生特有の悩みや不安を専門的に扱っている。

 また、「学校基礎知識」コーナーでは、これから海外赴任する家庭を対象に、出国から帰国までの過程と、それぞれの段階に必要なノウハウを紹介している。特に、出国前に気をつけること、帰国前に準備すべきこと、帰国後の入学・編入手続きに関しての案内、帰国生を対象とした学習塾の紹介など、幅広いサポートを手掛けている。

 同団体は、「帰国生への学校案内 2013」の申込み受付けを開始しており、Webサイト上の申し込み用紙よりFAXまたはメールで請求可能。価格は、1冊2,800円となっており、海外在住者を対象とした発送も取扱っているという。

 海外赴任は増加傾向にあるようだが、海外滞在時の子ども教育や、帰国後の選択肢など、日本国外の教育情報に関する情報は少ない。同団体の学校案内が帰国生と保護者をどこまでサポートできるか、注目される。
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)