教育ICT用語

歴代携帯電話をドコモの特設サイトで公開、1987年発売の日本初ハンディタイプも

デジタル生活 モバイル

特設サイト上で公開中のdocomo歴代の携帯電話端末
  • 特設サイト上で公開中のdocomo歴代の携帯電話端末
  • 日本初のハンディタイプ「TZ-802B」
 docomo(当時NTT)が日本初となるハンディタイプの携帯電話機を発売したのが1987年。以来、20余年に渡って世に送り出し続けてきた歴代の端末が、特設サイト上で公開されている。

 日本初の携帯電話は、NTTが1985年よりレンタルを開始した肩掛け型「ショルダーホン」だったが、その後の主流となるハンディタイプを発表したのはその2年後、1987年4月に発売した「TZ-802」だ。重量が約3kgもあったショルダーホンに比べて大幅に小型・軽量化された画期的な端末だった。とはいえ、現在の、より小型化された端末と比較すると、大きさや機能などの面で敵わないのはもちろん、デザインの面でも隔世の感がある。しかし、そのレトロでどこか愛らしい容姿は、当時これらの端末を利用していた人のみならず、懐かしさを感じさせるものだろう。

 特設サイト「DOCOMO DESIGN 20TH」上で公開されているのは、TZ-802Bから今秋発売のスマートフォン「Optimus LIFE L-02E」まで、携帯電話およびPHS端末の実に全611種。同社初の折りたたみ式となった1996年4月発売の「デジタル・ムーバ N103 」や、画期的な腕時計タイプの「WRISTOMO」(2003年5月発売)、初スライド式の「D253i」(2004年10月発売)、そのほかにも「ドラえホン」や「BlackBerry」などなど、同社が発売した携帯電話端末の歴史を垣間見ることができる。きっと自分の使っていた端末も見つけられるのではないだろうか。

docomo歴代の携帯電話端末がズラリ! 日本初ハンディタイプなど懐かしいレトロなデザインも

《花@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック