1. トップ>
  2. 教育・受験>
  3. 受験
【センター試験2014】平均点など実施結果(最終)発表、受験者数は1.9万人減の53万人

【センター試験2014】平均点など実施結果(最終)発表、受験者数は1.9万人減の53万人

2014年2月6日(木) 15時42分
センター試験の実施結果の画像

センター試験の実施結果

平均点一覧の画像

平均点一覧

教科別受験者の画像

教科別受験者

センター試験の志願者・受験者数の推移の画像

センター試験の志願者・受験者数の推移

 大学入試センターは2月6日、平成26(2014)年度大学入試センター試験の実施結果(最終)を発表した。受験者数や受験率、教科別受験者数、選択率、平均点などが明らかになった。

 志願者数は56万672人、受験者数は53万2,350人で、受験率は94.95%となり、受験者数は前年より1万921人減少した。

 平均点は、国語(200点満点)が98.67点、数学I・A(100点満点)62.08点、数学II・B(100点満点)53.94点、英語(200点満点)118.87点、英語リスニング(50点満点)33.16点。平均受験科目数は5.67科目。平均点一覧では、科目ごとの受験者数と平均点、最高点、最低点、標準偏差が記載されている。

 昨年より難化が顕著となったのは、地学Iの50.22点(昨年最終集計比ー18.46点)、生物I(ー8.06点)など。また、国語の平均点は5割を切った。

 なお、センター試験参加大学数は、国立大82、公立大81、私立大521の計684大学で過去最高となる。
《工藤めぐみ》

編集部のおすすめニュース

【大学受験2014】早稲田大、最終出願状況発表…社会科学部・センター利用は33倍

 早稲田大学は2月6日、一般入試とセンター利用入試の出願状況(確定版)を発表した。募集人員5,580人に対し、出願者数は10万5,424人で、出願倍率は18.89倍となった。

【大学受験2014】国公立大2/5の出願状況、前期3.1倍・後期9.5倍

 大学入試センターは2月5日、平成26(2014)年度国公立大学入学者選抜の志願状況を発表した。2月5日15時現在、前期日程が3.1倍、後期が9.5倍、中期が13.4倍で、合計4.6倍。願書受付は2月5日(水)に締め切った。

【大学受験2014】各予備校が解答速報、上智や関関立など

 河合塾と東進、代々木ゼミナールの各予備校は、大学入試の解答速報をWebサイトに掲載。2月3日現在、上智大学や関西大学、関西学院大学、立命館大学の解答速報が公開されている。

【大学受験2014】Z会、センター試験分析と2次試験対策

 Z会は大学受験生向け「センター試験特設サイト」にて、2014年度センター試験の分析を掲載した。センター試験を振り返り、個別試験(2次試験)までにできることについて解説している。

【大学受験2014】東大は文科類で出願予定者1割減少…河合塾が分析

 河合塾は1月23日、大学入試センター試験の受験者から寄せられた自己採点データ「センター・リサーチ」をもとに分析し、センター試験の概況と受験生の志望動向について発表した。東大の出願予定者は、文科類全体で…

関連トピックス

RSS

PR

特集・連載

注目トピックス