教育ICT用語

【夏休み】中高生対象「おもてなし親善大使」育成塾を今夏開校

教育・受験 その他

【夏休み】中高生対象「おもてなし親善大使」育成塾を今夏開校
  • 【夏休み】中高生対象「おもてなし親善大使」育成塾を今夏開校
  • 【夏休み】中高生対象「おもてなし親善大使」育成塾を今夏開校
 東京都は2020年に行われる東京オリンピック・パラリンピックの開催にあたり、外国人旅行者への接し方などを学ぶ「おもてなし親善大使」育成塾を都内の中高生を対象に今年度より新たに開校する。

 東京オリンピック・パラリンピックをひかえ、海外からの旅行者は今後増えることが予想される。「おもてなし親善大使」育成塾では東京の魅力を外国人旅行者に伝えるため、都内の人気観光スポットの紹介や外国人との接し方などを学び、東京に来てよかったと感じてもらえるような「おもてなし」をする人材の育成を図っていく。

 育成塾は2日間を通して行われる。1日目に東京の観光案内をするために必要な知識である観光地、歴史、文化などを学びながら海外の方との対応の仕方や英会話などを座学研修で行う。2日目には実際に都庁展望室を見学しながら観光ボランティアガイドの心得を学び、はとバスツアーで新型水上バスで行く観光体験学習をし、外国人から見た東京の楽しみ方を学んでいく。

 また、魅力のある講師陣が揃い、おもてなしの心を中高生にもわかりやすく講義。特にグランドハイアット東京でコンシェルジュを務める阿部佳氏は日本のコンシェルジュの先駆者と呼ばれており、コンシェルジュの世界的組織である「レ・クレドール」の国際正会員で、人の気持ちを素早く読み取り、感動を与えている「おもてなし」の第一人者だ。

 この育成塾は23区会場と多摩地区会場の2地区に分かれており、23区会場ではA日程の8月5日・6日、B日程の8月21日・22日、多摩地区会場ではC日程の7月30日・31日、D日程の8月25日・26日と2つの日程が用意されている。対象は都内在住・在学の中高生で、英語検定3級以上の取得者、またはそれに準ずる英語力を有するものとされており、定員は100人となっている。

◆「おもてなし親善大使」育成塾
日程・会場
23区会場 A日程:
8月5日(火)アルカディア市ヶ谷私学会館
8月6日(水)観光体験学習ツアー
23区会場 B日程:
8月21日(木)アルカディア市ヶ谷私学会館
8月22日(金)観光体験学習ツアー
多摩地区会場 C日程:
7月30日(水)三多摩労働会館
7月31日(木)観光体験学習ツアー
多摩地区会場 D日程:
8月25日(月)立川商工会議所
8月26日(火)観光体験学習ツアー
対象:都内在住・在学の中学生・高校生
応募資格:外国人旅行者への観光案内に興味・意欲があり、英語検定3級以上取得者、またはそれに準ずる英語力を有するもの
定員:100人(各日程25人)
受講料:無料
応募方法:申込書に必要事項を記入し郵送で申し込む
応募締切:7月16日(水)当日消印有効
《田邊良恵》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック